採用情報

「水」のようなスマホ向けサービスを一緒に作りませんか?

リットシティで活躍する先輩の声

Service開発部(新卒入社3年目)

わたしの仕事

 

今後の目標は、営業もできる「しゃべれるSE」になることです。

 

Q. この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
A. 高校時代からパソコンに関わる仕事がしたいと思っていましたので、専門学校でITの勉強をして、IT系企業への就職を目指していました。就職活動を始めた当初は、専門学校の先生からのアドバイスもあり、営業職など他業種も視野に入れていましたが、モノづくりがしたい、スマートフォンのアプリを作りたいという思いが強かったので、この業界を目指しました。

 

Q. 現在の仕事内容を教えてください。
A. 入社後は先輩とペアになって、マンツーマンで電話サポートに関する業務を教えて頂きました。アプリ開発に関しては、専門学校でプログラム関係のことを勉強して作り方は分かっていましたので、概要だけ聞いて、自分なりにやらせて頂きました。現在の業務は、主にiPhoneのアプリの開発やリリース、リリースした後の運用などを担当し、アプリのサポート電話の対応もしています。

 

Q. この仕事のやりがいは何ですか。
A. ゼロの状態から考えていって、モノを作っていくという過程が昔から好きでしたので、現在、自社開発をして、その過程が出来ていることが、一番のやりがいです。新規事業に関して、こんなことがしたい、こんなモノを作ってみたい、という意見を出し合って、チームごとにまとめてプレゼンする機会があるのですが、そういった新しいことができることも好きですし、自分から発信できることにもやりがいを感じています。

 

Q. 今後の目標や夢を教えてください。
A. プログラマーとして辿り着きたいところは、営業も出来る「しゃべれるSE」です。アプリを作るうえで、お客様と直接話をすれば、そこですぐに出来る、出来ないという判断もできますし、エンジニアは、無口で黙々と仕事をしているというイメージも払拭したいと思っています。アプリ開発に関しては、アプリのマーケットの状況は日々変わっていますので、ユーザーが求めているアプリを開発していくのが目標です。

 

当社は、毎日15時に社員全員で休憩するスナックタイムがあり、社員同士のコミュニケーションの場にもなっていますし、その時間が自分にとってリフレッシュの時間にもなっています。